アツブロ

将来海外移住を目標に現在奮闘中

仮想通貨 Liskガチホ!?

こんばんは!Atsuです。

久々の更新になってしまいました笑

あっあけましておめでとうございます!

 

一年ほんとあっという間ですね。
そんな今日は仮想通貨のなかの一つLiskについて書いていこうと思います。

 仮想通貨「Lisk」ガチホ勢が語る機能と魅力

 年始からリップルXRP)やネムXEM)が爆上げをみせるなど、2018年も仮想通貨界隈は上昇相場が続いている。大手取引所・コインチェックで売買できる「コインチェック銘柄」には新規参入者が殺到し、大賑わいだ。そんな中、リスク(Lisk)という銘柄に注目し、日夜研究を重ねる仮想通貨投資家のムック氏に、そのポテンシャルを解説してもらった!


Liskとは何か?


 まず知ってほしいのは、ネーミングが意図する狙いです。Lisk(=リスク)は英語で「危険」を意味する「Risk」とはまったく異なり、「簡単」を意味する言葉です。

「誰でもLisk上で簡単にアプリ開発ができる」

というコンセプトから生まれた仮想通貨と言えます。仮想通貨にはビットコインリップルなど資金移動を主眼に置いた「決済型」と呼ばれるものがありますが、Liskはイーサリアムネムと同じ「プラットフォーム型」に分類されるコインです。

 正確にはLiskとは「分散型アプリケーションプラットフォーム」の名称で、通称「DApps」と呼ばれています。少し難しい言葉になりましたね。「分散型アプリケーションプラットフォーム」について簡単に述べると、FacebookTwitterのようにユーザーが管理者のサーバーに接続するものとは異なり、DAppsは特定の管理者を置かず、参加者全員がお互いのサーバーに相互にアクセスする仕組みを採っています。

 では、「Liskで何が出来できるの?」と言われると、一番に「契約の自動化」が挙げられます。Liskはイーサリアムと同じくスマートコントラクト技術を使用しており、契約を自動的に実行して保存してくれるので、例えばLiskプラットフォーム上でICOの開催をしたり、開発ツールであるSDKによってアプリケーションの開発なども行えます。拡張性の高い機能を備えた仮想通貨なのです。

イーサリアムとLiskの大きな違い


 まず、最も比較されるイーサリアムとの違いですが、大きく分けて二つあります。

違い1 重大なバグにもサイドチェーンで柔軟に対応

 Liskはアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用しています。イーサリアムではメインチェーンと言う場所にスマートコントラクトを記述しますが、Liskではメインチェーンに付随するサイドチェーンと言う場所で記述を行います。メインチェーンにはサイドチェーンへのリンクが記述され、それぞれのサイドチェーン上でアプリケーションが稼働していくイメージです。

 イーサリアムは2016年にハッキングを受け、約50億円相当のETHが盗まれたDAO事件が勃発。これによってイーサリアムイーサリアムクラシックの2つに分裂するハードフォークを余儀なくされました。その点、Liskの場合はサイドチェーン上のアプリケーションを書き換えることで対応可能です。つまりメインチェーンを書き換える必要がないので、重大なバグや問題にも柔軟に対応しやすいのです。また、処理能力の向上という点でも利点があります。

違い2 普遍的なプログラミング言語である「javascript」採用

 イーサリアムは、スマートコントラクトの記述にSolidityという独自のプログラミング言語を使用しているため、開発しづらい側面があります。その点、Liskは多くの人が利用しているjavascriptを採用しているので、開発を担うwebエンジニアにとって参入しやすくなっています。Liskの「簡単」というコンセプトに合わせた特徴です。

Liskの将来性と魅力とは


その1 2018年からの好材料が多い

 価格上昇のポテンシャルはみなさんが一番気になるところでしょうが、この点でもLiskは好材料が多く見られます。まず価格に大きく影響するイベントとして、2018年2月20日にリブランディングを控えています。

 これはロゴや公式サイトデザイン、通貨の名前などを刷新することによって、認知度を高め、ブランドイメージを向上することを目的としています。他の通貨ではDarkCoin→DASH、Antshares→NEOと名前を変えて、値段が高騰した例があります。

 東京ミートアップでのCEOマックス氏によると、Liskという名前は変えないとの事ですが、大きな資金と時間をかけてリブランドを行っているらしく、多いに期待できるものです。

 また4月にはアプリ開発ツールであるSDKの配布が行われ、Liskがいよいよ本格始動となる。さらに、秋には「ブロック報酬減少」と言うイベントが控えています。Liskの現在発行枚数は約1億1600万枚。理論上発行枚数は無限なのですが、インフレを防ぐ仕組みとして「ブロック報酬減少」があります。

 具体的には毎年発行枚数を減らして行くので、結果として1枚当たりの希少性を高めます。ちなみに今後2億枚に達するまで約20年かかるため、成長性から見ると発行枚数の増加率は低いと言えます。

その2 1年間で価格は約143倍に高騰。それでも低い時価総額

 2017年1月1日に約17円だったLiskは2437円まで上昇しました。(2018年1月4日現在)。高騰した理由としては企業提携や取引所上場、Liskそのもののアップデートがポジティブに受け取られた結果です。そして時価総額の点で見ると、ビットコインが約28.7兆円、イーサリアムが約10.4兆円に対してLiskはまだたったの約2700億円です。2018年にLiskがイーサリアムを抜く事は難しいとしても、例えば現在のイーサリアムの3分の1程度の時価総額まで成長できたらどうでしょうか? 1LSKは約31000円、現在の約12倍になります。今後の成長性を考えると、決して難しいことではありません。

2017年は1年間で143倍に急騰

2017年は1年間で143倍に急騰。今年も躍進が期待される。

その3 まだ大手取引所に未上場である

 仮想通貨取引が世界的に見て盛んなのは、主にアメリカ、日本、韓国です。イーサリアムリップルと言ったアルトコインは現在多くの取引所で取引されていますが、Liskは国内ではまだコインチェックでしか取扱いがありません。もしそれが大手取引所、例えば日本のビットフライヤーや韓国のビッサムで扱われたらどうでしょうか?

 実際にZaifでしか扱いのなかったモナコインがビットフライヤー上場後に数十倍に高騰した例や、モネロがビッサムに上場決定発表された直後に2倍以上に高騰した例があります。Liskはこのどちらにも未上場ですが、以前から上場の噂はあり、もし上場されれば大きく価格に影響すると思われます。

その4 Voting(ヴォーティング)によって誰でも簡単にLISKを増やせる

 Liskには「フォージング」というビットコインの「マイニング」に当たるものがあり、取引承認者には取引手数料に加え、新規発行のLSKが報酬として与えられます。フォージングによって報酬を得るに至るには色々と敷居が高いのですが、それに代わり誰でも簡単にLSKを得る事ができる「ヴォーティング」があります。

 具体的には公式のLisk nano ウォレットに所有するLSKを移した後、フォージングを行う人に「投票」をするのですが、それによって誰でも1000LSK辺り毎月7~9LSKが貰えるので、今後のLSK高騰を考えると非常にお得なシステムです。

その5 Lisk財団とCEOマックス氏が広報活動に積極的

 2017年はアメリカ、アジア、ヨーロッパと世界各地でミートアップと言うカンファレンスを行い、「Liskとは何か?」「Liskが今後目指すものとは?」について、マックス氏と開発陣が観衆に直接語っています。

 2017年最後のベルリンミートアップでは2018年のロードマップも公表され、2月20日のリブランディングを始め、今後のスケジュールの詳細が語られました。このように積極的にメディアの前に出てアナウンスすることからも、Liskの魅力を世界に広めようという姿勢が伺えます。

Liskの買い時はいつ?


 Liskは2018年、どんどん価格を上げて行くと予想されます。あなたが買いたいと思った時が買い時です、と言いたいところですが、強いて言うなら2点あります。

買い時1 重要イベント前を狙う

 直近では2月20日のリブランディングや4月のSDK配布日(詳細未定)の2週間前から仕込むことです。特に短期売買を主にする人々の買いが増えるのでそれ位の時期から価格は高騰して行きます。

買い時2 ビットコインの暴落時期を狙う

 ビットコインは高騰と暴落を繰り返し価格を上げて行きますが、ほとんどのアルトコインはBTC建てという対ビットコインの価格の為、ビットコインが大きく価格を下げるとLiskも一時的に価格を下げます。暴落の時期がいつかはなかなか読めませんが、日頃からビットコインの価格をチェックしながら、「大きく下げている」と気付いた時はLiskが安く買えるチャンスです。

まとめ


 Liskは2016年に生まれた若い通貨ですが、2017年は広報や開発の準備期間に充てられ、SDK配布など、本格的な始動となるのは2018年からです。いまだに時価総額が低めであるのはまだ、本格始動前であるからとも言えます。

 また、アップルのスティーブ・ジョブズFaceBookマーク・ザッカーバーグなど、かつて世界にイノベーションを起こした人物は、熱意を持って未来を語る若者でした。まだ20代と若いLisk財団CEOのマックス氏も積極的にメディアに出て、彼らと通ずるものを感じます。

 Liskは今後の将来性と開発を見ても2018年最も期待できる通貨の一つであると言えます。
そんなあLiskを買えるのは現在coincheckだけなので登録は早めに!
ではGoodnight...

indahashとは

indaHash ICOに参加してみた。

こんばんはAtsuです。

今訳あってcebu島に、二週間滞在しているので全然更新できていないです笑

久々の更新は最近話題になったindahashについてです。

 

今回紹介するのは「indaHash ICO」です。

既に成功している企業へのICOなので安心して投資できそう!

 

indaHashって何?

indaHashポーランドに拠点を置く既存の企業です。

スマホアプリを公開しており、世界中に33万人の登録者がいます。

何をしている企業?

インフルエンサーマーケティング用のプラットフォームを提供する会社です。

簡単に言うと広告代理店みたいな感じですかね。

企業がindaHashに広告の依頼

indaHashは33万人のインフルエンサーに「この商品を紹介して!」と呼びかける

インフルエンサーinstagramで紹介する

インフルエンサーはコミッションを貰える

みんな利益を得る!?

今の時代に沿った新しい広告手法ですね。
企業が直接商品を紹介をするより、インフルエンサーを通して紹介したほうが何倍も影響力がある。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーは世間に大きな影響を与える人のことを言います。特にInstagramなどでたくさんのフォロワーを持つ人のこと。

indaHashの歴史

数名の従業員で2016年1月に設立された出来たてホヤホヤの会社です。
今では世界中の7カ国で130社の営業チームに成長し、70カ国で広告キャンペーンを実施。
提携企業は凄まじい成長です。

なぜ仮想通貨を使うのか?

indaHashは現在70カ国でマーケティングキャンペーンをしています。ということは世界中の多くの国々に送金しなければならない。

国際送金は

高い - 銀行へ高い手数料を払わなければならない
遅い - インフルエンサー達は、コミッションを受け取るのに平均30〜60日間も待たないとならない。

仮想通貨なら2つのデメリットを克服できる。

そこで独自の仮想通貨「indaHashコイン」を作るという話です。

indaHash ICOの詳細

通貨単位:IDH
ウェブサイト:indaHash
ホワイトペーパー:https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/idh-files/ico-landing/indahash_whitepaper_ico.pdf
期間:2017年11月8日から2017年12月20まで
ソフトキャップ:40,000,000IDH
ハードキャップ:320,000,000IDH

スケジュールは以下の通り

登録方法

まず、IDHコインはイーサリウムでの購入になりますので、MyEtherWalletを持っていない方は作る必要があります。

①まずは日本語化をする

ICOに参加するボタンを押す

③参加規約を確認してチェックする

④メールアドレスとETHウォレットのアドレスを入力する

取引所のウォレットからの送金はできませんので注意!

⑤送金先のアドレスが表示される

⑥MyEtherWalletから送金する

⑦完了ボタンを押す

⑧MyEtherWalletにIDHトークン追加

以上で購入完了です。

まとめ

ちなみにすでにICO終了しているので、買いたい方は上場後になりますね。
予定では1月中盤あたりではないかと思っています。

みんなでmoonしましょう!ただし投資は自己責任で.笑

仮想通貨 TokenPayの買い方

こんばんは!Atsuです。
本日は最近始まったTokenPayのICOについて買いていきます!

TOKEN PAY(トークンペイ)の概要

トークンペイは銀行プラットフォームとし、ロードマップによるとTokenPay(トークンペイ)を通じて取引の匿名化の処理を施すというシステムを搭載することを目指しています。

匿名通貨の需要の増加

仮想通貨で最も有名だといえるビットコインは匿名性が高くマネーロンダリングに使われるなどと書いてある仮想通貨の参考書がたまにありますが、厳密にいうとビットコインに匿名性はそこまでありません。

というのもビットコインはアドレス自体に匿名性はありますが、ウォレットの中身と取引履歴は世界中に公開されています。

なので、取引した相手に自分が持っているビットコインの残高を知られるリスクがあるのです。

メインのウォレットとサブのウォレットに分けておけばいいじゃん?と思う人もいると思いますが、結局そのメインとサブのウォレット間でのビットコインのやり取りも世界中から丸見えなのでこいつのメインウォレットはこのアドレスでこいつはこれくらいビットコインを持ってる的のがバレてしまうわけですね。

実際、日本でビットコインの存在を有名にしたMtGoxの破綻事件ですが、このマウントゴックスからビットコインを盗んだ犯人は2016年にギリシャで捕まっており、厳密にはビットコインに匿名性はありません。

まあこういうことは今まであまり注目されていなかったのですが、ビットコインの価格が100万円を超えると、日本でもチラホラ聞くように仮想通貨長者がたくさん誕生し彼らが自分たちの資産を安全に保管したいという理由から最近匿名系仮想通貨が非常に注目されているのです。

 

 

私が匿名通貨を推すのは自衛のためでもある。代替性とあるようにあるアドレスとあるアドレスはともに同じ価値と扱いをされないとあかん。現状ふんわり漂ってる「匿名=犯罪」のようなイメージはそのうち薄れていくんではないかしら
良記事。

匿名通貨とFungibility(代替性) http://individua1.net/anonymous-cryptocurrency-fungibility/ 

その煽りを受けてコインチェックでお馴染みの匿名通貨であるDASH(ダッシュ)やMonero(モネロ)などは最近にかけて大きく値上がりしていますし、匿名系仮想通貨のADKICOも大成功しています。

そしてADKの次の匿名系仮想通貨のICOがこのToken Payなので、私はこのICOに注目しています。

Token Payの注目すべき点

Token Pay(トークンペイ)は上述したように完全ではありませんが高い匿名性を持っています。

そしてToken Payの注目すべき点としてはバヌアツの銀行と提携を予定しているという点です。

このバヌアツという国は日本にはあまりなじみのない国ですが、南太平洋のシェパード諸島に位置する島国でイギリス連邦に加盟しているイギリスの国外領土です。

そして、同じくイギリスの国外領土であるケイマン諸島と同じく税金がなく、バヌアツはタックスヘイブン(租税回避国)として非常に有名です。

要するに銀行関連×匿名性の万能スペックで、銀行と匿名とくればこの前爆発したADKを連想させるので第2のADKになる可能性が十分にあるといえます。

そして、最近急騰していた匿名仮想通貨のXVGもICOに協力しているようです。またWP(ホワイトペーパー)によると、プロジェクトにXVGが協力しているだけあってなんと将来的にはデビットカードでXVG決済ができるようになるみたいです。

 

 

TokenPayはインフルーエンサーのアフィ用ICOっしょって思ってたけど、デビットカードでXVG決済できるんなら話は別です。話は別なんですよ。

 

 

そして性能面でも既存の匿名通貨よりも上となっており、技術的にも期待できます。

またウォレットもすでに開発済みで公式サイトからダウンロードが可能となっています。ICOに参加してトークンを受け取る際には、このウォレットが必須になります。)

Token Pay(トークンペイ)のICO参加のメリット

TOKENPAYのICOに参加するメリットとしては、まずボーナスがいいという点があります。

特に12月7日~13日のトークンセール初週だとなんとボーナスが100%加算されます。

100%ということは、同じ購入額で本来購入できる数量の2倍のトークンがもらえることになるので破格のお得さといえます。

Token Payの購入方法

トークンペイのICOの参加方法はToken Payの公式HPアクセスし、メールアドレスとパスワードを登録してトークンペイ購入分のビットコインを入金するだけです。

Token Pay(トークンペイ)のICOは最低0.002BTC(約2800円)から参加可能で、初週ならば1BTC=4000TPAY購入することができるので、本来は1TPAY=約700円のところ1TRAY=約350円で購入できることになります。

そして、ICOが終了すると自分のトークンペイのウォレットに購入した分のTPAY(+Bonus)を送ることができるようになるみたいです。

トークンセールは2018年の1月17日に終了し、その後独自の取引所に上場されるみたいです。

終わり

Token Payは上で触れたように匿名性×銀行提携のプロジェクトと暴騰したADKとファンダメンタル要素が非常に酷似しています。

ADKの上場価格はICOの公募価格から約15倍にもなっているので、ADKとほぼ同じようなファンダメンタル要素がToken Payも同じような価格上昇(テンバガー)が起こる可能性があるといえます。(まさに第二のADKですね)

 

ICOとしては、匿名性×銀行との提携で話題性アリ。加えてアドバイザーに匿名通貨のノウハウがあるVerge(XVG)がついていますので、上場で公募割れの確率は低いでしょう。

また今まで数多くのICOに参加してきた仮想通貨界隈に有名人たちも比較的好反応が多く、このToken PayのICO結構いけるんじゃないかなと思います。

そしてなんといっても初週に参加した場合は倍のトークンが貰える(実質半値で購入できる)ので上場価格が購入時から半値以下にならない限り損をすることはありません。

今後、Verge(XVG)と同じくBINANCEやBITTREXのような大手仮想通貨取引所上場するような事があれば、利益も期待出来ると考えます。

ADAコイン高騰

こんにちは!Atsuです。
先日すごい高騰を見せたADAコイン、現在も11円ほどをうろうろしていて確実に底上げ成功しました。今日はそんなADAコインについて書いていこうと思います。

ADA(エイダ)コインとは|仮想通貨 の特徴・価格・チャート・購入方法

adaコイン(エイダコイン)の特徴

 ADA(エイダ)コインの基本情報

ADA(エイダ)コインは、略号がADAの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年1月にプレセールが終了し、Bittrexで2017年9月末に公開予定でしたが、少し遅れて10月2日に売買が開始されました。

ADAコインは、Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。

 

日本でもプレセールが行われ、1期プレセールで1ADA=0.20セント、2期プレセールで1ADA=0.22セント、3期プレセールで1ADA=0.24セント、4期プレセールで1ADA=0.26セントで販売されました。日本円にすると0.3円ぐらいになります。

コインの発行量も非常に多かったのですが、プレセールも好調に進行し、終了したようです。

 

このように、CardanoプロジェクトのADAコインは、プレセールの段階から人気だったのですが、その理由としては、チャールズ・ホスキンソンが開発に携わったということが挙げられます。

この人物は、FinTech業界を変える大物との評判が高く、時価総額が第2位のEthereum(イーサリアム)や、トップ20位圏内のBitShares(ビットシェアーズ)といった暗号通貨の開発に携わった『暗号通貨の第一人者』であり、天才数学者でもあります。

この人物が、Cardanoプロジェクトに関わっていたこともありますが、「ADAコインは詐欺」という噂もささやかれていたので、いい意味でも悪い意味でも、ADAコインは注目されていました。

 そんな、ADAコインの運営・管理は、「Cardano Fundation(カルダノ財団)」によって行われています。カルダノプロジェクトには3つの組織が関わっています。

上述したように、ADAコインの運営・管理は「カルダノ財団」、カルダノの技術的な開発は「IOHK(Input Output HongKong)」、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業は「Emurgo(エマーゴ)」というふうに分かれています(後述)。

ざっくりいうと、カルダノ財団が、IOHKとEmurgoに仕事を外注している形となっています。

 

ADAコインの保管には、ダイダロスウォレットが使われます。

また、Cardanoのプラットフォームでは、ウロボロスと呼ばれる独自のPoS(プルーフオブステーク)アルゴリズムが使用されています。

 

今後、カルダノのプラットフォームは、ADAのHPによると、次のような特徴を持たせるそうです。

  • 台帳システムと計算処理を別々の階層に分離する
  • コアとなるコンポーネントをモジュール性の高い関数によって実装する
  • 査読が行われる研究と競合する学者や開発小規模グループを作る
  • InfoSecの専門家を早期に採用するなど学際的なチームを多用する
  • ホワイトペーパー、実装、そしてレビュー中に発見された問題を修正するための研究を迅速に行う
  • ネットワークを破壊することなく、導入後のシステムをアップグレードする機能を構築する
  • 今後の研究となる分散型資金調達の仕組みを開発する
  • モバイルデバイス上で安全に動作するための長期的な仮想通貨の設計の改善を行う
  • 仮想通貨を運用および維持するために、ステークホルダー同士の関係を密接にする
  • 同じ台帳システムで複数の資産を運用する必要性を認識する
  • 従来のシステムのニーズに応えるために、オプションとしてメタデータを含むことができるようにトランザクションの抽象化を行う
  • 約 1,000 のアルトコイン から理にかなっている機能を学習し、採用する
  • 最終的なプロトコル設計を決定するためにインターネット技術タスクフォース(IETF)に触発された規格駆動のプロセスを採用する
  • 商業の社会的側面を探求する
  • ビットコインから継承した基本原則を損なうことなく、規制機関が商取引と対話するための健全な妥協点を見つける

 

ADA(エイダ)コインの特徴

adaコイン(エイダコイン)2
  • ADAコインの発行上限枚数は450億ADA
  • 日本のATMでADAを引き出せる
  • ADAコインの使用にはダイダロスウォレットが必要
  • Cardanoは独自のブロックエクスプローラーを持つ
  • Cardanoデビットカードを利用して支払いが可能になる

 

ADAコインの総発行枚数は450億ADA

ADAコインは当初、630億ADAが発行上限枚数になる予定でした。

しかし、技術的な問題なのかは不明ですが、上限枚数が450億ADAに減少したようです。それでも、発行枚数はトップクラスに多い仮想通貨です。

450億ADAのうち、市場に流通するのは、約320億ADAとなっています。その差の約130億ADAが、マイニング料の支払いに使われるようです。

 

IOHKが技術開発を行う

企業名のIOHKというのは、「Input Output HongKong」の略で、カルダノ・プラットフォームを構築するエンジニアリング企業です。

ADAコインの技術的な対応もこの企業がおこなっています。

IOHKの設立者は、ジェレミー・ウッドという人物で、ブロックチェーン関連で豊富な経験を持っています。IOHKには、カルダノの基盤となるプログラミング言語Haskellハスケル)」で作業を行う専門チームがあります。

IOHKは、ADAコインのカルダノプロジェクト以外にもいくつかのブロックチェーン関連のプロジェクトを受けもっていて、Deadlus、Ethereum Classic、Qeditas、Scorex、RS|Coinといったプロジェクトに関わっています。

 

Emurgo(エマーゴ)が営業活動を行う

エマーゴは、ADAコインに使用されているカルダノ・ブロックチェーンのアプリケーションを広めるため、ベンチャー企業などに情報や資金や技術を提供するための会社です。

エマーゴは2017年に設立され、日本に登記されました。

カルダノ・ブロックチェーンの基盤を築いたとしても、そのプラットフォームを使ってくれる企業がなければ意味がありません。

エマーゴが、カルダノのDAppsを構築するスタートアップ企業に資金を直接提供するだけではなく、企業が革新的なブロックチェーンアプリケーションを構築するために必要な専門知識やツール、チームを提供して、戦略的に拡大していく役割を担っています。

フィリピンや韓国などに、研究開発センターを設立したりもしています。

 

日本のATMで引き出せる

ADAコインの売買は、仮想通貨の取引所にて行うことができますが、ATMでも引き出せるようになるそうです。

ADA 公開後、多くの取引所にて流通が開始される予定であり、2017年10月時点で取り扱っているのは、Bittrexのみとなります。取り扱い可能な取引所が増えていくのかどうかは、今後明らかになっていくと思われます。

また、ADA の取り扱いは日本のATM でも開始される予定です。まず5ヶ所のATMから開始され、ADA 公開後1年以内に25か所のATM での取り扱いを目指しているとのことです。

 

ADAコインの使用にはダイダロスウォレットが必要

ADAコイン の使用にはダイダロスウォレットをダウンロードする必要があります。ダイダロスはADAコイン専用のセキュリティ性の高いHD ウォレットです

 

Cardanoデビットカードを使用して他の通貨と同じようにADA コインで支払いを行うことができます。

カードの申請&取得を行うことにより、ダイダロスウォレットを介して、Cardano デビットカードにADAコイン を送ることができます。

資金はあなたが選んだ通貨に自動的に両替されます。このようにして、デビットカードを使ってオンラインショップや店頭でADAを利用することができるそうです。

Cardanoデビットカードをアプリと連携させることで、ADA の残額や取引履歴を確認することもできます。Cardanoデビットカードの詳細については近日公開予定です。

 

ADA(エイダ)コインの価格推移・チャート

2017年のプレセールにおいては、1ADA=およそ0.3円で購入が可能でしたが、公開直後は、最高値で1ADA=10円まで上昇しました。1日が経過して、1ADA=2〜3円付近で推移しているので、プレセールで購入できていた人は10倍以上の値段で売却できたことになります。

ADAコインの時価総額はいきなり10位台とかなり上位にランクインしており、今後の動向が気になる仮想通貨です。

 

ADA(エイダ)コインの購入方法・取引所

ADA(エイダ)コインを売買できる取引所は下のとおりです。

adaコイン(エイダコイン)4

国内の取引所ではADAコインを売買できません。

ご覧の通り、海外取引所のBittrex(ビットトレックス)でのみ取引ができます。ですので、ADAコインの購入を考えている方は、Bittrexでの口座開設も必要です。口座の 

また、海外の取引所で取引するには、国内の口座からBTCなどで送金する必要があります。

マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくのが安全です。

 

まとめ

以上、ADA(エイダ)コインについて紹介しました。

ADAコインは知名度も高い反面、さまざまな噂が飛び交っています。

この記事を読まれた方の中には、「ADAコインについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。 

くれぐれも投資は自己責任で慎重に!

ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のやコインチェックZaifからどうぞ!

「仮想通貨」BANKERA(バンクエラ)ICO11月27日21時上場

BANKERA(バンクエラ)とは|仮想通貨ICOトークンセールの買い方!!!

 

こんにちは!Atsuです。今回は期待のICO

バンクエラ

について書いていこうと思います。

  

11月27日より開催されるBANKERA(バンクエラ)ICO情報です。QASHと違い、参加するまでのステップが非常に簡単なので、27日以降であれば、今すぐに参加することも可能です。

BANKERA(バンクエラ)は仮想通貨の銀行

BANKERA(バンクエラ)というICO情報がかなり大々的に出ているにも関わらず昨日まで知りませんでした笑
情報不足ってほんとダメですよね。

とまあそこから色々調べ上げました!

ホワイトペーパー~10ページ目までを見てみましょう。

バンクエラは、SpectroCoin(スペクトロコイン)という仮想通貨販売所を運営しています。

このスペクトロコインでは、すでに仮想通貨取引、e-wallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、決済代行サービスといった運営に成功しています。

バンクエラのICO目的は、これらのサービスをより一層充実させ、既存の銀行が行っている決済やローン、通貨両替、投資などのサービスに対抗するための資金調達だそうです。

スペクトロコインは顧客数40万人以上で、新規登録者も毎日1400人以上とのことです。

1日の出来高も平均58万ユーロ以上で、経営は順調との表記があります。

また、現在ではまだまだ現金が優位で、必要という背景から、バンクエラでは様々な法定通貨に対応し、世界中のほとんどのATMで現金が引き出せるよう提携していくそうです。

これを参考に、「すごい!」「バンクエラ絶対登録!」という記事もたくさん読みました。

決して否定はしませんが、やはり「本当に実現出来たら」という部分は忘れてはいけないと思います。どうしてもICOは期待が先にいってしまいますね。

確かに実現出来たら本当に便利なシステムだということは確かです。

「バンクエラ絶対登録!」という言葉に大賛成です。

しかし、仮に大成功を収めたとしても、それはもはや後の祭りです。

現時点で大成功するのか、失敗に終わるのかなんてわからないわけですからね。

それがわかったら苦労しないんだよ

という声はごもっともです。ただ、繰り返し書いてきたように、ICOというのはホワイトペーパーを熟読し、その中身、プロジェクトに賛同出来るかどうかという判断材料。

それに加えて、そのプロジェクトの実現性と言いますか、具現化出来る確率はどの程度なのか、という部分までを自分の感覚で予想することまでが投資判断になります。

さらに言えば初値がどうなるか・・・というところまでですかね。

多くの視点から未来を予想する。こういう投資商品は日本人好みであるという統計もあるので、ICOという制度自体が本来は日本人向けなのだと私は思います。

何せ日本人は無類のギャンブル好きですからね。

ただ、ICOをギャンブルとして考えず、きちんとホワイトペーパーの中身を理解することで、必ず自分の成功率を高めることは出来ますので、面倒でもホワイトペーパーは熟読しましょう。

スペクトロコインで決済代行サービス

ホワイトペーパー11ページ目以降にいきます。

ここの理解は非常に難解ですが、わかってしまえばなんてことはありません。

ETFが例に出されているのですが、ここでは「投資は常に全力で」というのが前提になった例なので、通常のリスク管理からすればありえない例になっています。

ですが、ここはあえてそのままの例で説明します。ETFより仮想通貨でいきましょう。

これを非効率的と言っているわけです。これをスペクトロコイン、バンクエラのビジョンではどのようにするのでしょうか。

モノを買うためには、流通通貨の日本円で取引する必要があり、そのためAさんはビットコインを売って日本円を得ます。Bさんは日本円で売っても、その日本円をすぐにビットコイン投資に回します。

ならば、決済そのものをビットコインで行う手助けをします。

これがバンクエラビジョンということです。

全力投資が前提、かつAさんとBさんの投資希望先が同じことも前提での説明だったので、まさかそこまで強引な説明だと思わず、理解するまで時間がかかってしまいました。

確かにここで書かれていることは理解出来ます。

お互いがビットコインとして資産を持っていたいという願望があるわけです。

ならばわざわざBさんは日本円で売るよりも、ビットコイン決済で商品を売った方がはるかに効率的です。

もちろんAさんとて、ビットコインを日本円に変えてから購入というステップが省略されますので、Bさんからお買い物をするのも手軽に出来るようになるわけですね。

ただ、同じ通過を欲している人、会社同士でないとこれは成り立ちません。

まぁ、狭い視野で見ていると強引に見えますが、世界中という視野で見れば、マッチングする部分も出てくるのでしょうね。

バンクエラ銀行の設立

バンクエラ経営は銀行が成功する鍵を、資本、テクノロジー、コンプライアンス(法令順守)であると言っています。

銀行業もかなり法的にリスクを抑えるものが出来ていますので、自己資本という部分は必ず必要になってきます。銀行成功の鍵として、上記3つをまとめた言葉が私はあると思います。

規模

この言葉は全てを兼ね備えると思います。それに加えて信頼というものも得られますね。

あなたが銀行に預金する際、高額であればあるほど規模を見て信頼出来るか判断するでしょう。

 

注意、トークンそのものに価値はなく、上場して初めて価値を成します。そしてその価値を高めるためにはICOプロジェクトが成功することこそ最大の近道ですから。

BNKトークン購入のメリット・デメリット

バンクエラが完全に稼働するまで、という条件ですが、スペクトロコインとバンクエラ両方を合わせた純利益の20%トーク保有者に配分されます。

簡単に言えば配当のようなものですね。

 

本来価値を持たないはずのトークンにこのような形で価値を持たせてくれることは本当に好感が持てます。バンクエラ買いです。

ICOトークンは、株式投資と違い、経営陣に意見を言うようなことは出来ません。

しかし、このように利益から配当金がもらえると、企業に関わっていることが実感出来ますので、私個人としてはこういう制度に惹かれます。

基本的にデイトレードもコツコツと利益を積み重ねるタイプなので、配当がコツコツもらえるこのタイプはやはり性格上ピッタリと言えるのでマッチするわけです。

もちろん、保有量に応じた配当でしょうから、少し多めに保有することも考えています。

デメリットとしましては、2月末までのICO予定ですので、資金拘束が長いことです。

当たればリターンも大きそうに思います。

ホワイトペーパーそのものが壮大なので、リターンが大きそうに感じるのはある意味当たり前ですね。重要なのは実現可能かどうかという判断になってくるでしょう。

バンクエラICOすでにプレICOは終了しています。プレICOでは上限である30億円強が完売しています。

11月27日(月)から開始されるICOでは、なんと200億円もの調達を予定しています。

これにより、ICO全体では230億円強が調達される予定となっています。

また、SCO(セカンド・コイン・オファリング)なるものも開催され、これも規模としては200億円前後になる予定だそうです。

トータルすると、時価総額規模が700億円に近いものとなりそうです。

これほどまでの規模で募集しているにも関わらず、プレICOがきちんと完売してるあたり、かなり多くの人が魅力を感じているのがわかります。

また、プレICOICO、SCOのトータルでBNKトークンの70%を占めます。

そのため、経営陣等に渡る部分が30%ということで、最近見てきたICOの中では、最も投資家、出資者の保有割合が高い案件となっていることは魅力の1つですね。

また、このバンクエラICOでは、購入が後になれば後になるほど値段が少しずつ上がっていくソフトキャップ方式というのが採用されています。

簡単に言えば先に買えば先に買うほど割引されているということです。

様子を見ている間に値上がりしてしまう可能性があるので、早めに買って下さいね

というシステムと考えておけばいいでしょう。

上記のように、様子見で値上がりしてしまうリスクだけでなく、上限到達により、買えなくなる可能性もあるということは忘れてはいけませんね。

後で慌てないためにも、事前に自分なりのシナリオを立てておきましょう。

BNKトークンの買い方

BANKERA(バンクエラ)のICO参加方法は非常に簡単です。

  1. スペクトロコインに登録(ウォレットの機能)
  2. 「入金」を押してBNKトークンを買いたい通貨を入金
  3. BNKトークンを購入

今回のバンクエラは11月27日月曜日からですので、時期は迫っているものの、登録も簡単で、本人確認書類等の提出も必要ありませんので、ギリギリ気付いた人も購入可能です。

このバンクエラが上場するのは恐らく海外が最初でしょう。

まとめ

スペクトロコイン登録自体は本人確認等もいらないので、登録しておいて下さい。

他の人がバンクエラを購入するごとに価格が上がっていってしまうので、買おう!と決めたなら早い段階で購入する方がいいでしょう。

あとは日本の取引所は何かしら持っていた方がいい気がします。
オススメはコインチェック、Zaifですかね。リンク貼っておくのでまだの人は登録しておいた方がいいでしょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

11/21日ついにQASH上場

QASH

 11月21日にQUOINEXにて早速上場




こんばんは!Atsuです。
COMSAよりも短期で超える金額を集めた期待の大新人QASHついに
上場しましたね。

噂ですが 
 ・QUOINEがバイナンス(BINANCE)とパートナーシップを発表)
 ・渦中のBitfinexへの近々の上場


等材料は揃っています

さて上場後に上がるのか下がるのか材料を上げてみると

■上昇要素
  ① 55%の分配配分なので 既存参加者の買い増しが予想される
  ② 参加者は5,000人足らずなのに 150億近く集めているため相当大口投資家が買い付けえいることが予想され短期的な手放しはなさそうで、暴落のリスクも少ないと予想していること
  ③ ICO期間短縮で購入できなかったそうが圧倒的に多くそれらが初日の段階で購入する可能性がある!

■下落要素
そんなに悪い材料話(汗)
今回は2つとの自前の取扱所ですが 
今後ほぼ確定しているのだけでも
  ■Bitfinex
  ■Bainance

の2つの超大型取扱所への上場があるため初日の売り抜けをもくろんでいる人たちよりもホールド組が多そうです。






SoftbankとQUOINE QASHとの噂(まだ全然確証ないレベル)もあります。
QASH1121.jpg
 https://steemit.com/cryptocurrency/@quoineliquid/elusive-billionaire-taizo-son-is-an-investor-of-quoine

超訳

 ガンホーの会長でソフトバンクCEOの孫正義の兄弟の 孫泰蔵は QUOINEに投資をしてる!
 ・ソフトバンクのCEOである孫正義氏は、QUOINEのようなフィンテック企業の早期支援者であり、QUOINEの今後のICO / QASHトークンセールをバックアップする可能性がある!
 ・孫泰蔵は ブロックチェーンが最終的に財政を民主化することを期待しており、LIQUIDプラットフォームは世界中の暗号化交換のグローバルネットワークを単一取引プラットフォームに統合仮想通貨に圧倒的な流動性を持たせられる確信している!
 ・QUOINEへの投資家は、fintechおよび金融サービス関係や、ブロックチェーンテクノロジの提唱者が多く、ヤフー、ペイパル、楽 ・天などのアジア最大の企業の上級役員および理事などを努めている!



仮想通貨初心者がアルトコインを探すなら、まずは下の取引所から 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 !
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨ALISの価格がICOから7倍になってた

こんばんは.Atsuです。

今日は、最近ICOを終えて上場したALISトークンについて書こうと思います!


仮想通貨ALISの価格がICOから7倍になってた話

 

正直最初からあんまり期待はしてなかったんですが、その中でも想定外の仮想通貨ALISが上場、価格も高騰していたので、せっかくなのでちょっと調べてみました。

 仮想通貨ALIS(アリス)の基本情報
通貨名(通貨単位):ALIS(ALIS)
最大供給量:287,604,611 ALIS
システム(アルゴリズム):-
公開日:2017年8月19日
公式:alismedia

仮想通貨ランキングは現在(2017年10月時点)で190位くらい。
価格は1ALIS=70円程度です。

信頼できる記事と人々を明らかにする全く新しい報酬システム
ALISは日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームです。

質の高い記事の発信者と、信頼性の高い情報や記事を見つけた読者に、報酬としてALISトークンを支払うことで、ソーシャルメディア全体の質を高めようとしているプロジェクトです。

一時期、スキャムじゃないかって話も出ていたくらいのICOですが、無事に上場。
さらにはなんかよくわからないんですが、気がつくと元値の7倍近い値段まで高騰してます!

検索エンジンやアフィに頼らない記事

多くの人々が価値を認めるコンテンツを投稿・いち早く評価した人に対して、 より多くのALISトークンを配布します。
ALISプラットフォームが評価されるほどALISトークンの価値も向上し、貢献した人々に還元されます。
ブロックチェーン技術を基軸に据えることでデータの高信頼性と低コストの両方を実現します。

今のネット上にあるメディアは、ほぼすべて検索エンジンやそれらのプログラムによって良質かそうでないかが決まっています。
例えばネットの記事なんかでは一時期、SEO対策として、被リンクの数が多いほど記事の質が良いとプログラムで判断されることを利用して、意図的にリンクを取得する人が多く出てきたこともあります。(今ではだいぶ改善されたそうですが)

こういうSEOは他にもいっぱいありますが、中にはかなりグレーな行いも存在します。

ALISは、このような記事の質とは関係のない行為ではなく、純粋に記事自体の質をメインに人が人のメディアを評価できるような仕組みをこのトークンを使って進めていこうというプロジェクトらしいです。

一方で、記事を投稿する側としては評価されると、一定のALISトークンが配布されます。
つまり、人から評価を受けると、その分対価としてトークン(お金)が入ってくるので、わざわざセコセコと広告を張らずとも収入が出ることになります。

ALISの将来性

実際こういうシステムが実現しても、どこかしらの穴、盲点を突いて稼ぎを出す人が出てくるとは思います。
プロジェクト自体は改善をし続けると言ってますが、正直鼬ごっこ感は否めないんじゃないかと。

まあ、その前にプロジェクトが実現しないことには何も始まらないんですが。
一応ロードマップを貼っておきますね
alis-public-roadmap

結構しっかりと動いてます。
もともと調達資金も4億くらいっていう話ですし、期待はしていいのかもしれません。

ALISの購入方法

今現在は、
  CoinExchange
などの海外取引所で扱ってます。

まだ日本では扱ってないんですね。
ちなみに自分もこのCoinExchangeで売買しています。

リンク貼っておいたのでよければ安いうちに購入してみてください笑

 

ではgood night!


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin