アツブロ

将来海外移住を目標に現在奮闘中

海外移住 オーストラリア編

こんばんは!
本日は海外移住について書いていこうと思います。

まず今日はオーストラリアについて紹介していきます。

オーストラリアといえば、青い海、青い空、豊かな自然、温暖な気候、ブロンド美女、イケメン。そんなとこからワーキングホリデー先としてとても有名ですよね。では実際移住先としても人気ですが、今年になり法律が変わり永住権申請がさらに難しくなったことで有名です。

まず457ビザの廃止

457VISAは主に短期と長期用のタイプに分かれます。
短期は2年間で期限が切れます。
長期は4年で期限が切れます。

こ存じの方もいるかもしれませんが、今までは2年間働いた経験があれば申請できたのですが、これからは3年間の仕事経験がないと申請できません。

457ビザ制度変更のタイムスケジュール
■2017年4月19日~2018年3月まで
・457ビジネスビザは維持
・457ビジネスビザの有効期限や対象職種は変更

 ■2018年3月以降
・457ビジネスビザは廃止
・TSSビザが開始

 

TSSビザにも2つの種類がありまず1つ目

Short-term Streamビザ

ビザ有効期間:最大2年間
ビザ更新制限:オーストラリア国内で最大1回までビザ更新可能
対象職業:STSOL 地方都市の場合さらに対象職業が拡大
英語基準:IELTS5.0(最低科目スコア4.5)
一時滞在証明:必要
雇用主スポンサー永住権申請資格(ENS):無し

 

2つ目

Medium-Term Streamビザ

ビザ有効期間:最大4年間
ビザ更新制限:オーストラリア国内で最大1回までビザ更新可能
対象職業:MLTSSL
英語基準:IELTS5.0(最低科目スコア5.0)
雇用主スポンサー永住権申請資格(ENS):3年後に申請可能

 

要はMedium-Term Streamビザとって永住権申請すればいいんです!

ですがやはり難しいのは確かです。

では、もう永住はほぼ不可能に近いのなんて思う方もいるかもしれません。

この世に不可能なことなんてありません!!

私が思うに大学なり大学院なり行って卒業ビザで働く先を見つけそこからこの

Medium-Term Streamビザを申請してもらうのがやはり一番いい方法かなと思います。

そんなお金ないよなんている人もいるかもしれません。

ならひたすら会社にアポとりまくりましょう。

結婚相手見つけましょう。

やりようなんていくらでもあります。

それをやらないのは失敗を恐れているかそこまでする勇気がないからです。

実際海外移住なんて難しいに決まってます。

とりあえずチャレンジしましょう!もし仮に失敗してもやらないよりやったほうがいいに決まってます。

そしてもし諦める理由がお金っていう人がいたら一言言いたい。

貯めるために時間がかかってもいいお金なんかに負けるな!

 

そんな感じでオーストラリア編終了です笑

もしまだ気ききたいことがあってらコメント欄にお願いします。

次回は、将来自分が行くカナダの永住権について買いていこうと思います。